取り替えを依頼する | 鍵紛失のトラブルは緊急事態【ガードマンを活用する術】

鍵紛失のトラブルは緊急事態【ガードマンを活用する術】

男女

取り替えを依頼する

犯人

玄関ドアに必ず必要なものとえば鍵ではないでしょうか。 鍵だけを取り換える人も多くいますが、玄関ドア全体を取り換えることでかなり玄関のイメージは一新しますし、また鍵を最新式のものにとりかえることで、かなり防犯的にも有効ですので、その点からも玄関ドアの交換、リフォームを考えてみてはどうでしょうか。 その玄関ドアの鍵の歴史ですが、江戸時代までは玄関にかぎなどはありませんでした。ようするに外からしめる鍵などないですし、中からの閂くらいでした。 その理由は江戸時代の庶民の暮らしにおいて玄関ドアの鍵は必要ないほど治安がよかったからです。 現在の玄関ドアの鍵ができはじめたのは明治以降、特に西洋式の玄関ドアができることにより、増え、戦後は急速に広まりました。

現在の玄関ドアのキーはほとんどが通常の凹凸のあるシリンダー錠ではないでしょうか。または最近ではマンションなどに多くみられる、鍵の表面にぽこぽこと穴が開いたような複製ができない鍵も主流になってきます。 そしてこれからの玄関ドアは、ほぼ全て電子式のカードキーになるでしょう。このカードキーはビジネスホテルなどの客室の鍵としてひろくつかわれていますので、既に使ったかたもいると思います。 大きさはキャッシュカードや免許証と同じもので財布に簡単に入りますし、ピットかざすだけで玄関を簡単に開錠施錠できるのでとても便利です。 また複製ができないので、とても安心ですし、子供に持たせてもその出入りがデータとして記録されるのでとても重宝されることでしょう。